ホーム > 不妊 > 意識して不妊を克服するために摂取しました

意識して不妊を克服するために摂取しました

不妊の克服になればと葉酸とビタミンDを摂った私の経験を綴っています。
私は不妊治療をし、体外受精で子どもを授かりました。
妊娠前から葉酸を摂取することが良いそうなので、体外受精の治療期間から葉酸サプリを服用し始めました。
妊娠する前から摂取していたので、妊娠後も安心でした。
そして同時にビタミンDのサプリの摂取も始めました。
ビタミンDの濃度が、受精率や受精卵の着床に関係していることが最近の研究で明らかになったからです。

ビタミンD濃度が高い女性ほど妊娠、出産率が高く、子宮内膜の着床環境にビタミンDが作用しているとのことです。
そのためビタミンDを摂取し、受精率のアップや受精卵が着床しやすくなるようにしました。
またビタミンD不足は、妊娠・出産のリスクや、子どもの健康にも関係するとのことです。
日本人女性の半分は、ビタミンD不足であるとも言われているので、不妊を改善するために意識してサプリで摂取しました。
これらのサプリを摂取しながら高度不妊治療である体外受精に臨み、お蔭様で1度目の採卵、移植で無事に妊娠、出産させていただきました。

妊活夫婦が不妊から子供を授かるための実践記